約束の収穫

『約束の収穫』ヘリベマルヲ

約束の収穫

おすすめ度:
学校・警察連絡担当官、通称スクールポリスが試験導入された中学校。動物虐待やナイフ事件など、数々の徴候がありながら、浦賀太一巡査部長はなぜ惨劇を防げなかったのか? 関係者への取材を元に再現される事件の全貌。いじめ、虐待、援助交際……さまざまな問題が絡みあい、やがて取り返しのつかぬ事態へと発展する。青少年犯罪の闇に迫る異色作!
¥ 480

似ている本

リヴァイアサン
母なる夜
イリワッカー
サーカスの息子

著者紹介


ヘリベマルヲ
(へりべ まるを、1975年6月18日 – )作家。略称、ヘリマル。インディ出版レーベル「人格OverDrive」から『Pの刺激』をはじめとする数々の異色作を刊行。作風は魔術的とも「文章に血が染み込んでいるようなリアリティがある」とも評される。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにてウェブディレクター・佐々木大輔氏から「注目の『セルフパブリッシング狂』10人」に選ばれた。著書はほかに短編集『エゴノキ ヘリベマルヲの世界』、最新作『悪魔とドライヴ』など。

Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

お気に入りの本を
友だちに広めよう!