オン・ザ・ロード

オン・ザ・ロード

オン・ザ・ロード

ジャック・ケルアック

おすすめ度:
不滅の青春の書『路上』が半世紀ぶりの新訳で登場。西部の太陽の子、輝けるディーンに引っ張られるように、若い作家サルは広大なアメリカ大陸を横に縦に疾駆する。「7年にわたる旅をたった3週間で小説に仕上げた」「タイプ用紙の交換ももどかしく、長さ120フィートもの巻物状の紙にノンストップで打ちつづけた」など多くの伝説に彩られ、ニール・キャサディ、ウィリアム・バロウズ、アレン・ギンズバーグ他実在のモデルの登場でも話題を呼んだ衝撃の書。ビート・ジェネレーションの誕生を告げ、その後のあらゆる文学、文化に決定的な影響を与え続けた傑作が、躍動感あふれる新訳でよみがえる。(Amazon商品紹介より)

似ている本

悪魔とドライヴ
日はまた昇る
さらば甘き口づけ
西瓜糖の日々

著者紹介


ケルアック
(Jack Kerouac、1922年3月12日 – 1969年10月21日)アメリカの小説家・詩人で、ビートニク(ビート・ジェネレーション)を代表する作家の一人。『路上』『孤独な旅人』などの著作で知られる。大半は、コロンビア大学を中退して以来のアメリカ放浪と遍歴の生活をそのまま下敷きにしたもの。出生時の名前はジャン=ルイ・ルブリ・ド・ケルアック(Jean-Louis Lebris de Kérouac、Jean Louis Kerouacとも言われる)。
 ケルアックは1922年、マサチューセッツ州ローウェルの、フランス系カナダ人の移民の家庭に生まれた。ブルターニュにルーツを持つケベック出身者の家庭であった。フランス系カナダ人のコミュニティで幼少期を過ごし、6歳で小学校に入るまで英語を使うことがなかった。だがケルアックが4歳の頃、兄ジェラールがリウマチ熱により9歳で亡くなった。ジェラールはケルアックが最初に影響を受けた人物とされ、小説『Visions of Gerard』にケルアックに関する話が収められている。
 ローウェル高校に進学後フットボールに熱中する。フットボールの推薦でコロンビア大学に進学するが入学後まもなく行われた試合で負傷しフットボールを諦める。第二次世界大戦中は船員として世界中を航海し、戦後は親友であった作家のウィリアム・バロウズや、ニール・キャサディ、アレン・ギンズバーグらと共にアメリカ中を放浪してまわった。これらの経験から、ケルアックの著作の大半は誕生したといえる。
 ケルアックの代表作『路上』は、ヒッピーなどの間で多くの愛読者と熱狂的な信奉者を生み、一気にアメリカのカウンターカルチャーの代表となった。彼らの間で「ビート族の王」「ヒッピーの父」と呼ばれている。アメリカのロックバンド、ドアーズのジム・モリソンやボブ・ディランなどのミュージシャン達にも影響を与えた。ただ、ケルアック自身はビート・ジェネレーションの代表者として常に攻撃も受けており、「私はビートの王者だが、ビートニクではない」とも語っていたという。ケルアックは元々大人しい性格にもかかわらず、『路上』のアグレッシブな登場人物、ディーン・モリアーティと重ね合わされた事によるギャップが大きかったようだ(実際のディーンのモデルはキャサディであった)。
 皮肉にもこの思いがけない成功によりケルアックの生き方は大きく乱れ、アルコール依存症などから徐々に健康を害していった。『路上』以降も著作は多く出されたが、その多くは1950年代に書かれていたものだったという。やがてビートニクの友人たちとの親交も途絶え、表舞台から遠ざかっていった。酒をあおりながらベトナム戦争で盛り上がるヒッピーに悪態をつくなど孤独な日々を暮らしたケルアックは、1969年にフロリダ州セントピーターズバーグにおいて47歳で亡くなり、ギンズバークら生前の友人に見送られて故郷ローウェルの墓地に埋葬された。
 ちなみに『路上』においては頻繁に車を運転するシーンが出てくるものの、ケルアックは1956年まで車の運転方法を学んだことがなく、また生涯運転免許を取得することはなかったという。
『裸のランチ』のバロウズ、『吠える』のギンスバーグ、ゲーリー・スナイダーなどとの交友関係は有名で、これらのタイトルはケルアック自身によって付けられたという。彼らは自分たちを「ビート・ジェネレーション」(この呼称はケルアックが初めて使ったとされる)と呼び、その作品や言動はヒッピー文化の思想的基盤となった。ただ、ケルアック自身はカトリック教徒であった母の影響から政治に関しては保守的だったといわれ、ベトナム戦争にも賛成の立場だった。
 1999年公開の記録映画『ビートニク』では、彼らの若き日の姿を見ることができる。ケルアックの生まれた町ローウェルにケルアックを記念する公園が1988年に作られた。この公園は1990年に建築家協会からアーバンデザイン賞を受賞している。(Wikipediaより)

Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

お気に入りの本を
友だちに広めよう!