シュウ君と悪夢の怪物

『シュウ君と悪夢の怪物』ヘリベマルヲ

シュウ君と悪夢の怪物

おすすめ度:
ある朝、目覚めるとシュウ君がしゃべりだした! ノベルが先生からもらったぬいぐるみは、指名手配犯を追って地球へやってきた宇宙刑事だった。街に拡がる不審者の噂。ついにノベルの周囲にも魔の手が……。シュウ君とノベルは、連れ去られた同級生を救い出せるのか!? 合い言葉は口にチャック。ダークでポップな新世紀の児童文学!
¥ 480

似ている本

子ども諸君
レオンと魔法の人形遣い
ペギー・スー(1) 魔法の瞳をもつ少女
コラライン

著者紹介


ヘリベマルヲ
(へりべ まるを、1975年6月18日 – )作家。略称、ヘリマル。インディ出版レーベル「人格OverDrive」から『Pの刺激』をはじめとする数々の異色作を刊行。作風は魔術的とも「文章に血が染み込んでいるようなリアリティがある」とも評される。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにてウェブディレクター・佐々木大輔氏から「注目の『セルフパブリッシング狂』10人」に選ばれた。著書はほかに短編集『エゴノキ ヘリベマルヲの世界』、最新作『悪魔とドライヴ』など。

Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

お気に入りの本を
友だちに広めよう!