『ワインの染みがついたノートからの断片』チャールズ・ブコウスキー

『ワインの染みがついたノートからの断片 -未収録+未公開作品集-』チャールズ・ブコウスキー

ワインの染みがついたノートからの断片

チャールズ・ブコウスキー

おすすめ度:
酒、競馬、セックス、そして詩……。正気と狂気のあわいで、孤独と怒りを抱えて、暴力と放浪の日々をすごした男が、唯一無二のことばで、ときにパンクにときにやさしく描きだす、社会の片隅で生きる者たちの物語。(Amazon商品紹介より)
¥3,456

似ている本

Pの刺激
LAヴァイス
黒い時計の旅
瀕死の双六問屋

著者紹介


ブコウスキー

1920年ドイツ生まれ。3歳でアメリカに移住。LAシティ・カレッジ中退ののちアメリカ各地を放浪、24歳で最初の小説を発表するも一度、作家の夢をあきらめ、適当な仕事にありつきながら酒とギャンブルにあけくれた放浪生活を送る。1960年頃から郵便局に勤務しつつ創作活動をつづけ、1969年、ブラック・スパロー・プレスのジョン・マーティンに認められ、郵便局を退職し作家に専念。100冊に及ぶ著作があるといわれている。94年白血病によって死去(Amazon著者ページより)


Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

お気に入りの本を
友だちに広めよう!