過去の記憶が妻の身に再現されるのを目の当たりにしながら動けない。性暴力被害者の心理を臨床的に描き、日本文学史上もっとも誤読された傑作。