だれも知らない本

2017/1/28

妄想老人日記

だれも知らない本


現代の出版はストアのアルゴリズムを利用するゲームになりつつあります。反射的なクリックを誘発する画面表示で得点を稼ぐゲームです。世渡りの技術もまた現実社会のアルゴリズムを利用したゲームであり、画面表示と組み合わせたハックによってプレイヤーは高得点を得ます。セルフパブリッシングは実情としてその効率を先鋭化したものにすぎず、ゲームの素養と技術が要求されます。それは読書の本質である孤独や「自分自身であること」とは相容れません。作品ではなく「つながり」「絆」が求められる時代に、出版レーベルとして何ができるでしょうか。

当レーベルは「ひらかれたつながり」よりは閉(綴)じた孤独をめざします。ebookよりも(扱いが不便なモノであるという点で)印刷物に適しているようにも思えますが商業出版の論理とは相容れません。リトルプレスやZINEは作家性や、胸をえぐるような重み、痛みといったものよりは、都会の美しい若者がカフェで眺めるお洒落な雑貨にふさわしい。オンデマンド出版も日本ではやはり同人的な交流の証か、ソーシャルのつながりで消費されるお洒落雑貨の位置づけのように見えます。

Amazonの出版サービスは日本では一部の機能しか使えません。埋め込みビューワKindle instant previewsも、印刷版の出版機能(正確には連携サービスCreateSpaceの一部)も日本語には対応していません。そこでほかのサプライヤーを利用することになりますが、残念ながらどの業者も一長一短です。インプレスのPODサービスNextPublishingは「お金を払って業者に任せる」サービスである印象を受けました。またCreateSpaceと異なりISBN付与に別途料金を要します。ISBNを簡便に利用できるのが売りのMyISBNには魅力を感じませんでした。

BCCKSは表現力豊かなオーサリング機能が売りで、epubと印刷版をほぼ同時に作成できます(版下PDFのダウンロードや転用は不可)。しかしながら作成した印刷版は、e託販売サービスや密林社を使うか、自力で取扱先を開拓するなどしないかぎり、集客力のないBCCKS内でしか販売できません。また埋め込みビューワには設定方法の解説がありません。PHPやJavaScriptの知識が要求されるためサポート対象外だそうです。ビューワが機能するtwitterからの集客を想定しているのでしょう。ここでもやはり閉(綴)じた作品ではなく「ひらかれたつながり」、対社会的なゲームの技術が求められます。答えは出ません。


ヘリベマルヲ

略称、ヘリマル。出版レーベル「人格OverDrive」から代表作『悪魔とドライヴ』をはじめとする8冊の小説を刊行。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにてウェブディレクター・佐々木大輔氏から「注目の『セルフパブリッシング狂』10人」に選ばれた。

ヘリベマルヲの本


Pの刺激

Pの刺激

¥ 480
KISSの法則

KISSの法則

¥ 480
悪魔とドライヴ

悪魔とドライヴ

¥ 480
ガラスの泡

ガラスの泡

¥ 480
シュウ君

シュウ君と悪夢の怪物

¥ 480