『人間失格』太宰治

人間失格

人間失格

太宰治

おすすめ度:
「恥の多い生涯を送って来ました」……生い立ちを乗り越えられない主人公。過去の記憶が妻の身に再現されるのを目の当たりにしながら動けない。人生はもがくほど砂のように手からこぼれ落ちていく。性暴力被害者の心理を臨床的に描き、日本文学史上もっとも誤読された傑作。
¥281

似ている本

悪魔とドライヴ
また会う日まで
私の男
関根君の恋

著者紹介


太宰治

太宰 治(だざい おさむ、1909年(明治42年)6月19日 - 1948年(昭和23年)6月13日)は、日本の小説家である。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』『お伽草紙』『人間失格』がある。(Wikipediaより)


Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

お気に入りの本を
友だちに広めよう!