娘と私

娘と私

娘と私

獅子文六

おすすめ度:
文豪、獅子文六が「人間」としても「作家」としても激動の時を過ごした昭和初期から戦後を回想し、深い家族愛から綴られた自伝小説の傑作。亡き妻に捧げられたこの作品は、母を失った病弱の愛娘の成長を見届ける父親としての眼差し、作家としての苦難の時代を支え、継娘を育てあげ世を去った妻への愛、そして、それら全てを受け止める一人の人間の大きな物語である。(Amazon商品紹介より)
¥1,296

似ている本

悪魔とドライヴ
また会う日まで
冬の日誌
イリワッカー

著者紹介


ピンチョン

1893-1969年。横浜生まれ、小説家。劇作家・演出家。本名・岩田豊雄。慶應義塾大学文科予科中退。フランスで演劇理論を学び日本の演劇振興に尽力、岸田國士、久保田万太郎らと文学座を結成した。一方、庶民生活の日常をとらえウィットとユーモアに富んだ小説は人気を博し、昭和を代表する作家となる。『娘と私』はNHK連続テレビ小説の1作目となった。芸術印象受賞、文化勲章受章。(Amazon著者ページより)


Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

お気に入りの本を
友だちに広めよう!