『西瓜糖の日々』リチャード・ブローティガン

西瓜糖の日々

西瓜糖の日々

リチャード・ブローティガン

おすすめ度:
コミューン的な場所、アイデス“iDeath”と“忘れられた世界”、そして私たちとおんなじ言葉を話すことができる虎たち。西瓜糖の甘くて残酷な世界が夢見る幸福とは何だろうか…。澄明で静かな西瓜糖世界の人々の平和・愛・暴力・流血を描き、現代社会をあざやかに映して若者たちを熱狂させた詩的幻想小説。ブローティガンの代表作。(Amazon商品紹介より)
¥842

似ている本

悪魔とドライヴ
青猫島コスモス紀
うたかたの日々
地球の長い午後

著者紹介


リチャード・ブローティガン

(Richard Brautigan、1935年1月30日 - 1984年9月14日?)は、アメリカ合衆国ワシントン州タコマ出身の作家、詩人。
1964年、小説『ビッグ・サーの南軍将軍』を出版。以後『アメリカの鱒釣り』、『西瓜糖の日々』、『芝生の復讐』などを発表、1976年には来日している。『アメリカの鱒釣り』によって一躍ビート・ジェネレーションの作家の代表格として祭り上げられるが、本国では次第に忘れられ、むしろ日本やフランスにおいて評価が高い。
かなり飛躍した比喩を用い、深い心理描写を故意に欠いた文体で独特の幻想世界を築く。アメリカン・ドリームから遠く隔たった、どちらかと言えば落伍者的、社会的弱者風の人々の孤立した生活を掬う。
日本では翻訳家の藤本和子がその著書のほとんどを翻訳し、時として原文以上とも評されたその清新な訳文は、日本における翻訳文学の系譜の上で重要なものである。作家でも村上春樹、高橋源一郎、小川洋子[1]といった面々が影響を受けている。
1984年10月25日、カリフォルニア州ボリナスの自宅でピストル自殺しているのが発見された。正確な死亡日時は不明であるが、9月14日ではないかと推測されている。
複数の作品に断片的に自伝的要素が織り込まれていると言われるが、極貧の中で満足な教育も受けずに育った少年時代は、詳細が不明である。評伝としては藤本和子著『リチャード・ブローティガン』(新潮社、2002年)がある。(Wikipediaより引用)


Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

お気に入りの本を
友だちに広めよう!