『ニューオリンズの白デブ吸血鬼』アンドルー・フォックス

ニューオリンズの白デブ吸血鬼

ニューオリンズの白デブ吸血鬼

アンドルー・フォックス

¥522
ニューオリンズをこよなく愛するジュールズ・デュションは、ダイエットに悩む白人ヴァンパイア。仮の姿はタクシー・ドライバー。世界No.1の脂肪分とカロリーを誇るニューオリンズ市民の血液を飲み続けたせいで超肥満体に成り果てた。そんな彼を街から追い出そうと闇からつけ狙うは、黒人新参ヴァンパイアのマリスX。肥満に屈するのが先か?極悪ヴァンパイアに負けるのが先か?ジュールズの運命はいかに―。抱腹絶倒!前代未聞のヴァンパイア・ストーリー。(Amazon商品紹介より)

似ている本

Pの刺激
バッド・チリ
重力が衰えるとき
馬鹿テキサス

著者紹介


アンドルー・フォックス

1964年、フロリダ州ノースマイアミビーチ生まれ。ロヨラ大学でソーシャルワークを学び、シラキュース大学で行政学を学んだのち、社会福祉関係の仕事につく。1990年、ニューオリンズに移住。1995年に、SF作家ジョージ・アレック・エフィンジャーの設立した創作ワークショップに参加する。『ニューオリンズの白デブ吸血鬼』が初出版作品。(Amazon著者ページより)


Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

FEATURED BOOKS


お気に入りの本を
友だちに広めよう!