『悦ちゃん』獅子文六

悦ちゃん

悦ちゃん

獅子文六

おすすめ度:
悦ちゃんはお転婆でおませな10歳の女の子。ちょっぴり口が悪いのはご愛嬌、歌がとても上手で、周りのみんなも目が離せない存在。早くに母親を亡くして、のんびり屋の父親と二人で暮らしているが、そこへ突如、再婚話が持ち上がったから、さあ大変。持ち前の行動力で東京中を奔走、周囲を巻き込みながら最後には驚きの事件が! ユーモアと愛情に満ちた初期代表作。(Amazon商品紹介より)
¥810

似ている本

シュウ君と悪夢の怪物
地下鉄のザジ
ミスター・ヴァーティゴ
ラッキー嬢ちゃんのあたらしい仕事

著者紹介


ピンチョン

1893-1969年。横浜生まれ、小説家。劇作家・演出家。本名・岩田豊雄。慶應義塾大学文科予科中退。フランスで演劇理論を学び日本の演劇振興に尽力、岸田國士、久保田万太郎らと文学座を結成した。一方、庶民生活の日常をとらえウィットとユーモアに富んだ小説は人気を博し、昭和を代表する作家となる。『娘と私』はNHK連続テレビ小説の1作目となった。芸術印象受賞、文化勲章受章。(Amazon著者ページより)


Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

お気に入りの本を
友だちに広めよう!