夜明けの書店

書店の棚でたまたま目にとまった本がすごく気に入ったとか、そういう出逢いがKindleストアにはありません。

どこへ行く?

さまざまな事情から損なわれた人生の舵が、ここ数年でようやくとれるようになりました。

怪物とどこにもいないひと

遠くから風に乗って届く祭り囃子のように感じます。

Twitterよもやま

本や音楽を好むひとたちをフォローして、彼らの言葉に共感したり、感心させられたりして愉しんでいます。

セルフパブリッシングは出版の可能性を広げたか

残念ながらセルフパブリッシングは、従来出版の欠点を助長する方向で発展しています。

KDP Print の憶測

大した情報が得られないので憶測によって自分で続報を書くことにしました。

速報:KDPがプリント本に対応か(追記あり)

先ほどKDP印刷版βリリースのお知らせが届きました。以前から噂されていたCreateSpaceとの統合かと思われます。

赦されない孤独

読むこと、書くことはそもそもがいたって個人的なことで、突き詰めれば、世の中からは赦されないものなのかもしれません。

『ガラスの泡』リマスター版が出ました

『ガラスの泡』リマスター版が配信されました。これまでの版にあった誤りや不充分な点を修正したものです。

不適切な痛み

口当たりのいい偽りよりも切実な痛みを。そのために読み、書きたいです。