奇妙という名の五人兄妹

奇妙という名の五人兄妹

奇妙という名の五人兄妹

アンドリュー・カウフマン

おすすめ度:
兄妹に不思議な〈力〉を授けた祖母が死ぬまで、あと13日
『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』の鬼才が贈る奇妙な一族の物語!

ウィアード家の三女アンジーは、祖母に呼び出されてバンクーバーの病院にやってきた。祖母は自分が13日後の誕生日に死ぬことになると予言し、続いてこう言った。「お前たち5人の孫が産まれたとき、祝福のつもりで〈力〉を与えた。危機を回避する力、道に迷わない力、希望を失わない力、許しの力、戦う力。でもそのせいでお前たちの人生は台無しになってしまった。わたしが死ぬとき、この力を消してあげよう。そのために、お前が全員をここに連れてくるんだ」アンジーは祖母の指示に従い、それぞれ〈力〉と悩みを抱える兄と姉二人と弟を集める旅に出た。『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』の著者が描く、奇妙(ウィアード)という名を持つ家族の奇妙な物語。(Amazon商品紹介より)

¥ 2,000

似ている本

KISSの法則
これいただくわ
囚人のジレンマ
深夜プラス1

著者紹介


アンドリュー・カウフマン

カナダ出身の作家、脚本家。ラジオ・プロデューサー。ノヴェラ(中編作品)All My Friends Are Superheroes(2003)で作家デビュー。『銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件』(2011)が、2015年に独立系出版社からの刊行作品を対象とするカナダの文学賞The ReLit Awardsの小説部門を受賞した。現在は妻とふたりの子どもとトロントに住む。(Amazon商品ページより)


Amazonレビュー


CERTAIN CONTENT THAT APPEARS ON THIS SITE COMES FROM AMAZON SERVICES LLC. THIS CONTENT IS PROVIDED 'AS IS' AND IS SUBJECT TO CHANGE OR REMOVAL AT ANY TIME.

お気に入りの本を
友だちに広めよう!