黒い渦 – bebop girl’s microgroove –

ウルトラ・ヴァイオレンスな近未来ノワール

あの渦からは逃れられない。

Kindleストアを見る
『黒い渦』ヘリベマルヲ

黒い渦

¥ 480
騒乱の夜から十年。かつて天才原型師と呼ばれた宍神は、企業の不祥事を隠蔽する「揉み消し屋」として日銭を稼いでいた。謎の女を救った夜から、黒い幻覚剤を巡る因縁に巻き込まれる。親しい人を「人形」に次々に殺され、過去と対峙した彼が見たものとは? 詩的な暴力描写、予想を裏切るめまぐるしい展開。ウルトラ・ヴァイオレンスな近未来ノワール!
Photo : "Mechanics of time" By alegri / 4freephotos.co

似ている本

モスクワ、2015年
アクロバット
夏の闇
スペアーズ

著者紹介


ヘリベマルヲ
(へりべ まるを、1975年6月18日 - )作家。略称、ヘリマル。インディ出版レーベル「人格OverDrive」から『Pの刺激』をはじめとする数々の異色作を刊行。作風は魔術的とも「文章に血が染み込んでいるようなリアリティがある」とも評される。2013年日本電子出版協会(JEPA)主催のセミナーにてウェブディレクター・佐々木大輔氏から「注目の『セルフパブリッシング狂』10人」に選ばれた。著書はほかに短編集『エゴノキ ヘリベマルヲの世界』、最新作『悪魔とドライヴ』など。

ヘリベマルヲ作品


お気に入りの本を
友だちに広めよう!